スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

愛犬との別れの日とその後の家族-17.サリーの足音と匂いー

眠れぬ夜でした。
何時もならベットの横のソファで心地良い寝息を立てて寝ているサリーがいないことから、寝息も聞こえてきません。
寝ようとしても一向に眠ることが出来ず、サリーとの楽しかった時の光景が頭の中に次から次へと浮かんできます。

サリーが最初に我が家に来たときの光景
トイレのしつけの失敗
楽しかった散歩
家族一緒のドライブ
家族全員でぜんざいを食べている光景
夜の団欒時のサリーとの戯れ
仕事から帰っての出迎え

そして旅だった夜の光景
弔い

いつしかウトウトと仕掛けたときに、
「カリカリ」と寝室のドアを引っ掻く音がしました。

「サリー!」
私は思わずサリーの名を呼び飛び起きてドアを開けました。
しかし、そこにはサリーの姿はありません。
家内が、
「お父さん、大丈夫」
と問いかけてきました。
「サリーがドアを開けてくれと引っかく音がしたんだ!」
「お父さん!しっかりしてください、サリーのことばかり思っているから!」
「きっと空耳ですよ」
「そうだなぁ!サリーはもういないんだ!」
私はそう言って再び寝床に入りました。

明け方、
「カシャ、カシャ、カシャ」
とサリーの歩く音で目覚めました。
何時もの時間にサリーが寝床から出て起こしにくる足音です。
私は飛び起きました。
「ああ!サリーはいないんだ、また空耳か!」
私はひとりごとを言いながら寝床から出ました。
家内も同じように起きてきました。
「昨晩はほとんど眠れませんでした、お父さんも?」
「ああ、眠れなかった!」
そう言いながらサリー寝床を見ましたが、そこにはサリーの姿はありません。

「サリーおはよう」
私はサリーの寝床の前に座り言いました。
そしてサリーの布団を触りましたが、サリーの温もりはありません。
サリーの懐かしい匂いだけが漂っていました。

今日からサリーのいない生活が始まろうとしています。

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 別れ 足音 匂い

line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。