スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

幼い時の不思議な出来事-4-

ある日お前は、お手伝いさんが眼を話した僅かなすきにサクラを連れて散歩に行ったんだ。
車の多く通る道の右側をサクラと歩いていた時、前方から車が暴走してきたんだ。
この場所は見渡しが悪く、事故が多発していることから、私はお前には決してひとりで散歩に行ってはいけないと言っていたんだが。

車がお前にぶつかる瞬間サクラはお前をかばって、お前を1メートル下の田んぼに突き落とした。
「ドスーン」という鈍い音がしたと目撃者が後で証言している。
お前たちに車が当たり、田んぼの中に転げ落ちたのを見た人たちが急いで駆け寄ってきてみた光景は、
と言いながら親父は目頭を抑えた。
血まみれのサクラがお前をかばうようにかぶさっていた光景だったそうだ。

暫くしてお前は、
「お母さん!お母さんが死んでしまう!お母さん!」
と泣きなから血まみれのサクラを抱きしめていたそうだ。
お前が「お母さんが!」と言って泣き叫んでいることから、駆けつけた人たちは、お母さんが車に跳ね飛ばされたと思い周囲を探したが、お母さんの姿はなかったと、駆けつけた私に話してくれた。

私は、「隆!大丈夫か?」とお前の所に駆けつけたときには、お前は血まみれのサクラを抱きしめて、
「お母さんが!お母さんが!死んでしまう」
「お父さん早く助けて」と泣き叫んでいた。

その時サクラは苦しい息の下、血まみれのお前の顔をなめながら、
「クゥ-ン、クゥ-ン、クゥ-ン」
と三回鳴き動かなくなった。
まるで、
「隆、大丈夫?」
と言っているようだった。

サクラは、お前に車が当たるのをいち早く察知して、自分を犠牲にして、
「隆!お前を助けたんだ!」
「お前は奇跡的にわずかの擦り傷しかおってなかった」
「お前に着いていた血液は、すべてサクラの物だったんだ」
「サクラはお前をかばった結果、まともに車にぶつけられて死んだんだ」

親父は、眼から大粒の涙をこぼしながら嗚咽した。
「サクラが、私をかばって死んだ!」
「交通事故で私をかばって死んだのは、お母さんではなくサクラだったのか!!」

「隆!アルパムの次を見て!」
私は父親に言われ、アルバムをめくった。
そこには新聞の切り抜きがはられていた。
その見出しには、
『忠犬!小さな主人かばって、哀れ死す!』
と記載されていた。

記事には先ほど父親が離してくれた内容が詳細に記され、生前の凛々しいサクラの写真が載っていた。

続く

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 幼い時の不思議な出来事

line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。