スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

飼い主を待ち続ける犬

2012年12月12日の『中日新聞』に"飼い主を待ち続ける犬"という記事が掲載されていました。

中日新聞によると、飯田市上飯田の大平街道で、一匹の犬が一週間以上も飼い主を待ち続けている。

体長約六十センチの雄で、毛は茶色。首輪は着けていないが、猟犬のような体つきをしていて、同市鼎下山の原田敏夫さん(70)、美代子さん(70)夫妻が四日、標高約千メートルの街道を車で通りかかった時、道路わきの空き地でじっと座っている犬を見つけたそうです。

この犬は雨や雪に打たれても立ち去ろうとしないで、大雪に見舞われた街道が通行止めとなった10日、ふもとに向けて移動後、11日午後には、ゲートの前に再び座っていたそうです。

犬は野宿続きでやせ細っているが、道路から目を離そうとしないて、いつまでも飼い主を待っている様子と思えたそうです

原田さん夫妻は、「猟をしている時に飼い主とはぐれた猟犬だろうか。もしも捨てられたとしたら、いくら待っても飼い主は来ない。おなかをすかせてかわいそうだ」と話していた。

飼い主のはぐれたのであれば、早く飼い主に巡りあって欲しい。

仮に捨てられたとすれば、捨てた飼い主に対して激しい怒りを抑えきれません。

犬は人に忠実で、裏切ることをしませんが、人は犬を裏切ることをします。

早く飼い主に巡りあい、温かい家庭の中で無事過ごせる事を今は祈るしかありません。

この新聞を読んだ飼い主は、一刻も早く身じろぎもせず寒空で飼い主を間続ける忠実な犬を迎えに来て下さい!!

飼い主を待つ犬

※この写真は、中日新聞のCHUNICHI Webから拝借いたしました。御礼申し上げます※

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 飼い主を待ち続ける犬

line

comment

Secret

No title

半月ほど、古代の長毛小型犬の資料を探して、
イタリアを回っていたため、訪問が遅くなってしまいました。

本当に飼い主とはぐれたのであり、新聞記事によって
すぐに飼い主が迎えに来てくれることを祈ります。

もし・・・捨てたのなら・・・私もその人を憎みます。

その後の情報が入ったら、また教えてください。

閲覧有難う御座います。

遠くまでお疲れ様でした。
古代の長毛小型犬の資料みつかりましたか?
飯田市上飯田の大平街道で待ち続けるワンちゃんは、多くの方々の支援にささえられて、無事保健所に保護されて、飼い主を見つける活動がされています。
早く見つかることを願っています。
まさか捨てたのではないと思いますが!!

No title

見付けました。
ギリシャとエジプトからの出土品に。
・・しかし、
また、探しに行くのか・・と思うと、
正直、“身体が”重うございます(笑)。
line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。