スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

薄汚れたぬいぐるみ-7.お父さん!悲しまないで下さい-

ペスはいつもように激しく尻尾を振りながら私の前に来てチョコンと座りました。

『お父さん!』
『お父さん、そんなに悲しまないで下さい』
『私はお父さんとお母さんと一緒に楽しく過ごしてきました』
『とても幸せでした』

なんと私の前に座ったペスが私に話しかけているではありませんか。
「ペス!お前話せるのか?」
私はペスに問いかけました。

『お父さん!、私はいつもお父さんとお母さんに話しかけていましたよ』
『お父さんはそれをよく知っているではありませんか!』

ペスは尻尾を振りながらなおも話しかけてきます。
『私がこの家に来てから話していたではありませんか!』
『お父さんもお母さんも私に話しかけていたでしょう』
『その為に、私はお父さんやお母さんのことは全て理解しています』
『私はいつもお父さんとおかあさんと一緒です』
『今もそうですよ』
『だからお父さん、そんなに悲しまないで下さい』
『優しいお父さん!私は大好きです!』
そう言いながらペスは立ち上がり、ゆっくりと後ろを向き歩み始めました。

「ペス!ペス!何処へ行くんだい?」
「戻ってきておくれ、ペス!」
私は大声で叫びながらペスを追いかけました。

ペスはゆっくり歩いているにもかかわらず、私はペスに追いつくことができませんでした。
「ペス、ペス待っておくれ、ペス!!」
私はよろけながらペスを追いかけました。
しかしいくら追いかけてもペスを抱きかかえることはできません。
「ペス!ペス!」

霧がはれるようにペスの姿が消えました。
「ペス!ペス!何処に居るんだい?」
「戻ってきておくれ、ペス!」
私は周囲を見渡しながらペスを探しましたがペスの姿はどこにもありません。
「ペス!」
私はへなへなとその場に座り込みました。

座り込んだ目の前にペスがいつも座っていた座布団がありました。
「ベス!」
私はその座布団をしっかりと抱きかかえました。
「ペス!」

座布団から懐かしいペスの匂いが漂って来ました。
「ペス!」
大粒の涙が2滴3滴と座布団を濡らしました。

ペスの懐かしい匂い!

得も言えぬ香ばしい匂いが鼻をくすぐりました。

続く

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 思い出 匂い お父さん!悲しまないで下さい 薄汚れたぬいぐるみ

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【薄汚れたぬいぐるみ−】

ペスはいつもように激しく尻尾を振りながら私の前に来てチョコンと座りました。『お父さん!』『お父さん、
line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。