スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

薄汚れたぬいぐるみ-4.夢幻-

私の目の前でペスが我が家に始めてきたときの光景が鮮明に展開されていきます。
ペスは私達の前でコロコロと遊んでいます。

「おいで」
私が呼びかけると小さな尻尾を振りながら懸命にかけてきます。
「よしよし、ハイおいで」
私の目の前に尻尾を振りながらかけてき子犬を両手で抱きかかえました。
しかし、子犬は手の中から忽然と消えてしまいました。
「何処にいったんだい?」
私はそう言いながら子犬を探しましたが、子犬の姿は何処にも見当たりません。

私はふと我に返って。
「幻か?」
溜息きと共につぶやきました。
目をこすりながらペスの座っていた座布団の上を見るとやはりペスが薄汚れたぬいぐるみと無邪気に遊んでいる姿が見えました。


「ペス!」目から大粒の涙が再び溢れ膝の上に落ちました。
「ペスはもういないんだ、これは夢幻だ」
「ペスは遠い遠い所へ旅だったんた」
自分自身にそう言い聞かせて涙を拭いながら、座布団の上を再び見るとペスの姿はなく、薄汚れたぬいぐるみがポッントと寂しく置かれているだけです。

「飯田、ちょっと待っていてくれよ」
石原はそう言いながらそそくさと外へ出ていきました。
しばらくして戻ってくると大きな紙袋からトレイのようなのと袋を出してきました。

続く

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活

line

comment

Secret

こんにちわ。

落ち着いていながらユーモアのあるdogsmanさんの文章の中に
わんこへの愛が溢れているのがよくわかります。

その中にある辛いお気持ちが私の胸を打ち、涙となりました。

どうコメントしたものか迷いましたが、
続きを書いて頂きたい、ということだけお伝えしたいと思います。
(既に、「お気に入り」に登録しております(^_^)。)
宜しくお願い致します。

ご訪問ありがとうございます。

「お気に入り」にご登録ありがとうございます。
ご期待に添えるよう頑張って連載を続け行きたいと思っておりますから、ご声援よろしくお願いいたします。
line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。