スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

主人を失った秋田犬シロの話

秋田県大館市葛原の山腹にある「老犬神社」に定六という名のマタギと、飼い犬シロの伝説が今もなお地元の人々に語り継がれています。

その昔、鹿角市大湯に定六というマタギとシロという名の猟犬(秋田犬)がいました。

定六は、先祖の功によって領主から天下御免の狩猟免状を与えられており、シロとともに日々狩猟をしていました。

ある寒い夜、定六とシロはカモシカを追いかけましたが、カモシカを見失い誤って三戸城の城に向かって発砲してしまいました。

狩猟免状を持っている定六でしたが、この時は運悪く家に免状を忘れており申し開きをすることができませんでした。

投獄された定六はシロに免状を取ってくるように頼み、シロは懸命に家までかけて帰り定六の妻に吠えて訴えましたが、妻には到底そのことが理解できませんでした。

シロは休むことなく雪の中、遠く離れた定六と家とを往復し、免状の置き場である仏壇の下で激しく吠え続けました。

ようやく事を理解した妻が、免状をシロのクビに結びつけ、シロは再び雪の中を定六のもとへと駆け戻りますが、シロが到着した時には既に遅く定六はすでに処刑された後でした。

定六が処刑されたその夜以来、森の山頂からは幾夜、幾日となくシロの悲しい咆哮が三戸の城下に響き渡るようになりました。

しかし、いつしかシロの遠吠えは聞こえなくなりある日、白骨化したシロの死骸が近くの丘で発見されました。

白の死後この丘の近くを武士が通りかかると馬が突然暴れだし大怪我をするということが幾度となく繰り返されたため、村人は代の主人であった定六を殺した武士に対するシロの怨念だと恐れ慄き、シロの供養として山腹に神社を建ててシロを祀ったのが「老犬神社」です。

この話を聞くと、主人を先に失った犬の悲しみがよく理解できます。

theme : 犬のいる生活
genre : ペット

tag : 主人の死

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【主人を失った秋田犬シロの話】

秋田県大館市葛原の山腹にある「老犬神社」に定六という名のマタギと、飼い犬シロの伝説が今もなお地元の人々に語り継がれています。その昔、鹿角市大湯に定六というマタギとシロという名の猟犬(秋田犬)がいました。定六は、先祖の功によって領主から天下御免の狩猟免状を...
line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。