スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

別れそして出会い-7.さみしい夜とエリーの臭い-

二人で味気ない夕食を取りました。
何時もならテーブルの下で寝そべって、私たちの食事が終わるのを待っているエリーの姿はありません。

ふと気配を感じて足元を見ますがやはりエリーの姿はありません。
「エリー」
と心のなかで私気つぶやきました。

家内は、自分の食事が終わるとエリーの食器にドッグフードとヨーグルトを入れて、エリーの写真の前に置きました。
「さあ、エリーお食べ!」
家内はエリーの写真を撫ぜながら、写真のエリーに優しく言いました。
けれども哀しいかなエリーは、何も言わず、食事も食べることはできません。

何時もの夜であれば、テレビの前のテーブルを囲んで家族一緒に楽しく過ごしますが、今は家族の一員であったエリーの姿はありません。
私の横のエリーの指定席には、エリーの姿はありません。
ポッカリと穴の開いた空間がそこに存在しているだけです。
「エリー」
と思わず二人は同時に言いました。
「お父さん!今そこにエリーが座っている気配がしました」
「お前もか?私もそのように感じた」
二人してエリーの指定席を見ましたがやはりエリーの姿はありません。

「長い間一緒に過ごしたエリーがいないと・・・・・」
私はそこまで言って次の言葉が出ませんでした。
「お父さん!とても寂しいですねぇ」
「ああ、ほんとうに寂しい・・・」
二人はエリーの指定席を眺めながらため息をつきました。

何処からかかすかにエリーの臭いが漂って来ました。
「お父さん!!エリーの臭いが、エリーの臭がします」
「ああ、これは確かにエリーの臭いだ」
二人はエリーが何時も座っている指定席のカーペットをいつまでも、何時まで何故続けました。

続く

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 さみしい夜 臭い

line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。