FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

別れそして出会い-3.エリーお食べ!!-

エリーの亡骸を前にして、私たちは悲しみに打ちひしがれ、時間は無情に経過し早黄昏時となりました。

エリーが旅立った朝から私たちは、何も出来ず、何も食べることも出来ず、ただ悲しみに打ちひしがれています。

「おかあさん!エリーに夕食をあげよう」
「そうねぇ!エリーの好きなものを作ってくるから」
家内はそう言いながら立ち上がりました。

やがて、エリーの食器に大好物のウインナーとドックフードを入れて戻ってきました。
エリーお食べ!」
私たちはそう言いながらエリーの顔の前に置き、頭を優しく撫ぜました。

しかし、エリーはいつものように喜んで尻尾を振ることもなく、食べることもしません。

エリー!!」
家内はエリーに覆いかぶさり号泣しました。
私の眼からも大粒の涙がとめどなく流れ続けています。
エリー!」
私たちはエリーの死を未だ受け止めることが出来ません。

エリー!お食べ!」
私も何度も何度もエリーに言いました。

エリーは身動きひとつしません。
歳を取り日増しに弱り、やがて生命の日が消えることは前もってわかっていましたが、息を引き取り動かなくなっても、エリーの死を受け止めることが出来ません。
13年間の楽しかった思い出が私の頭の中に走馬灯のように次々と浮かんできます。
家族の一員として生活したエリーの存在がいかに大きかったかを改めて認識させられました。

「エリー!エリー!」
二人は動かなくなったエリーの身体をさすりながら号泣しました。

続く

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 エリー 別れ

line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。