FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

おばあちゃん私をきつく抱きしめて下さい-19-

しばらくして先生と看護師さんがやって来ました。
「先生!どうなんでしょうか?」
先生はしばらく診察してから、
「かなり悪いです、脈も微弱です」
「最悪のことも考えておいてください」
先生は厳しい口調で言いました。
「おふくろ!しっかりするんだ!」
「お母さん!気を確かに持ってください!」
「おばあちゃん、しっかりして、早く元気になって小梅と散歩に行くんでしょ!」
全員が大きな声でおばあちゃんに呼びかけました。
おばあちゃんは、苦しそうな息をしています。
目を閉じたままです。

『おばあちゃん!』
『おばあちゃん!』
『クウーン、クウーン』
私は懸命におばあちゃんを呼び続けました。

「ウゥーン」
一声上げておばあちゃんは目を開けました。
「おふくろ、気がついたかい」
お父さんはおばあちゃんの顔を覗き込みながら言いました。
「お母さん!」
「おばあちゃん!」

「皆いてくれたのだねぇ」
「心配かけるねぇ」
「ありがとう!」
「もうすぐおじいさんの所に行きますから」
「おふくろ、何を気弱なことを言っているんだ!」
「そうですよ、お母さん、しっかりしてください」
「おばあちゃん、元気になって小梅と散歩するんでしょ!」
全員でおばあちゃんを励ましました。

『おばあちゃん!元気になってください』
『クウーン、クウーン』
私は懸命におばあちゃに呼びかけました。

「もう私の命は長くないことはよく分かっているよ」
「皆に良くしてもらって幸せだったよ」
おばあちゃんはポツリと言いました。
「何を馬鹿な事を言っているんだ!気をしっかりと持つんだ、おふくろ!」
お父さんは大声て言いました。

「ほら、おじいさんが庭先に来ている」
「私を迎えに来ている」
おばあちゃんは、庭の方を見ながら言いました。
「お母さんしっかりしてください」
「おばあちゃん、しっかりして」

私は庭の方で何かの気配を感じました。
『ワン、ワン』
私は庭に向かって吠えました。
小梅や!吠えないで、おじいさんですよ」
「康夫、障子を開けておくれ、早く」
おばあちゃんに促されてお父さんは障子を開けました。

障子を開けると梅の木が目に入りました。
「やっぱりおじいさん!迎えに来てくれたんだねぇ」
「すぐに行きますから」
「馬鹿な事を言うな、誰もいない」
「おかあさん、梅の木があるだけですよ」
「いいや、梅の木の下におじいさんがいますよ」
「私を迎えに来ていますよ」

私は姿こそ見えませんが梅の木の下に誰かの気配を感じました。
その梅は春におばあちゃんと一緒に楽しく梅見をした梅の木です。
おじいさんが大切にしていた梅の木です。
姿こそ見えませんが、誰かがいる気配がします。

先生が険しい表情で言いました。
「錯乱状態に陥っています」
「予断を許しません」

「皆、ありがとうねぇ」
小梅!小梅!」
おばあちゃんが私を呼びました。
『はい、私はここにいますよ』
私はおばあちゃんの手の届くところに座りました。
小梅、よく顔を見せておくれ」
「今までありがとう、とても楽しかったよ」
『おばあちゃん!』
『クウーン、クウーン』
おばあちゃんは私の頭の上に手を置き、優しく撫ぜてくれました。

小梅!」
おばあちゃんが私の名前を呼ぶのと同時に頭の上の手が滑り落ちました。
『おばあちゃん』
先生がおばあちゃんを見ています。
「ご臨終です」
「おふくろ!!」
「お母さん!!」
「おばあちゃん、死んだらいや、おばあちゃん!」
『おばあちゃん!おばあちゃん』
全員が大きな声でおばあちゃんを何度も何度も呼びました。

おばあちゃんは何も答えてくれません。
『おばあちゃん!』
『ワオーン、ワオーン』
私は懸命におばあちゃんを呼びました。
『おばあちゃん、目を開けてください』
『そして私を何時ものようにきつくきつく抱きしめてください』
『おばあちゃん!』
『ワオーン、ワオーン』
私は懸命におばあちゃんを呼び続けました。
けれども優しかったおばあちゃんは二度と目を開けることはありません。
小梅と呼んでくれません。

『ワオーン、ワオーン』
私がおばあちゃんを呼び続ける声が部屋中に虚しく響き渡りました。

theme : 犬との生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 小梅

line

comment

Secret

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。