上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
秋田県大館市葛原の山腹にある「老犬神社」に定六という名のマタギと、飼い犬シロの伝説が今もなお地元の人々に語り継がれています。

その昔、鹿角市大湯に定六というマタギとシロという名の猟犬(秋田犬)がいました。

定六は、先祖の功によって領主から天下御免の狩猟免状を与えられており、シロとともに日々狩猟をしていました。

ある寒い夜、定六とシロはカモシカを追いかけましたが、カモシカを見失い誤って三戸城の城に向かって発砲してしまいました。

狩猟免状を持っている定六でしたが、この時は運悪く家に免状を忘れており申し開きをすることができませんでした。

投獄された定六はシロに免状を取ってくるように頼み、シロは懸命に家までかけて帰り定六の妻に吠えて訴えましたが、妻には到底そのことが理解できませんでした。

シロは休むことなく雪の中、遠く離れた定六と家とを往復し、免状の置き場である仏壇の下で激しく吠え続けました。

more...

スポンサーサイト

theme : 犬のいる生活
genre : ペット

tag : 主人の死

line
絶えず一緒の生活をして、傍にいつもいた時はさほど気にならず。
「今日もそばにいるなぁ」
と感じていましたが、そのエリーがいなくなると生活場所に大きな穴があき、寒々としてきます。

何時でも直ぐ触れるエリーがいない。
家の中を駆け回っていたエリーがいない。
外出の際に送り出してくれるエリーがいない。
帰宅すると激しく尻尾を振りながら迎えてくれるエリーがいない。
今まで元気でいた肉親がいなくなった時と全く同じ環境となります。

「お父さん!寂しいですねぇ」
家内が何時もつぶやきます。
「家の中が寒々としてやり切れない」
私もそう受け答えをします。

エリーが旅立って3日目の朝です。
今日は朝から激しく雨が降っています。
エリーを泣きながら弔った朝と全く同じです。

more...

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 別れ エリー まぼろし

line
エリーの弔いは終わりました。

二人ともずぶ濡れになりながら弔いました。

そして弔いが終わった後、二人とも何も言わずエリーを弔った場所をいつまでも眺め続けました。

13年もの間一日たりとも離れること無く生活を共にしてきたエリーが居なくなり、家の中はひっそりとし、我々の心のなかにもポッカリと穴が開いた状態です。

いつもの場所にはエリーは居ない。

足元にもエリーは居ない。

尻尾を激しく振り甘えてくるエリーはもう居ない。

家の中からエリーの姿が消えて、家の光が消え薄暗くなったみたいです。

二人は放心状態のまま、味気ない朝食を取りました。

more...

theme : 犬との生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 別れ エリー

line
エリーが動かなくなっても、エリーの死を受け止めることが出来ず私たちはいつまでもエリーに声をかけ続けました。
「エリー!どうして死んでしまったの」
「エリー!もっともっと一緒に散歩に行きたかったのに」
「エリーの大好きなスイカを買ってきて冷やしているのに」

時刻は既に昼前になっていました。
「おかあさん!エリーにスイカを切ってやって!」
私は身動きしないエリーの頭をなぜながら家内に言いました。
「そうねぇ、エリーの大好物のスイカをあげましょう」
家内はそう言いながら台所に行き、8分の1に切ったスイカをエリーの食器に入れて持って来ました。

more...

theme : わんことの生活
genre : ペット

tag : 犬との生活 別れ

line
家族全員、いやサリーだけがいない帰宅となりました。
車の中では全員一言も喋ることがありませんでした。
寂しい帰宅です。

玄関を開けて、何時も出迎えてくれるサリーの姿はありません。
全員何も言わずリビングに入りました。

「お父さん!サリーは天国に行ったんだねぇ!」
下の娘が真っ赤な目をして問いかけてきました。
「きっと天国にいて、きっと我々を見ていると思うよ」
私は、溢れる涙を拭きながら言いました。
「きっと天国で私たちを見守っている!」
上の娘が下の娘の肩を抱きかかえながら言いました。

家内が生前のサリーの写真を持ってきました。
「この壁にサリーの写真をかけて、ソファにサリーの好物を供えましょう」
そう言いながらサリーの食器にウインナー・ビスケット・ジャーキーを入れてソファの上に置きました。
「サリーお食べ!」
家内も真っ赤な目をしています。
いつの間にか娘たちが庭の花を取ってきて、花瓶に生けソファの上に置きました。

昼食は味気ないものでした。
全員一言も話すことなく終わりました。
娘たちはサリーの写真を見てから何も言わずに自分たちの部屋にこもってしまいました。

more...

theme : わんことの生活
genre : ペット

line
line

line
訪問カウンター

現在の閲覧者数:
line
わが家の愛犬
初代サリー
初代サリー
line
わが家の愛犬
二代目サリー
わが家の愛犬-二代目サリー-

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
プロフィール

dogsman

Author:dogsman
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
DVSE
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
フリーエリア
line
トレンドポスト
line
sub_line
検索フォーム
line
広 告
line
フリーエリア

日本一こだわり卵
line
ランキング
line
フリーエリア
line
RSSリンクの表示
line
人気記事ランキング
line
リンク
line
QRコード
QR
line
track feed
track feed dog story
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。